税金に関する問題を解決するための情報サイト

>

税理士ならだれでもOK?

税理士は難関の国家資格なわけだから誰に頼んでも大丈夫じゃない?と思われる方もいるかと思います。
しかし、必ずしもそうではありません。
実際、せっかく契約して顧問料を払っているのに会社の法人化など節税対策のアドバイスが無かったり、自分が儲かる節税保険の提案だけしてくるといったようなケースも耳にします。また料金表の記載では安いのにオプションによって高くなるケースもあります。
また直接的な金銭デメリット以外にも、帳簿をつける時に事業主に確認を取らないなどずさんなケースや質問しない限り説明してくれず、まったく効率が上がらないという場合もあるようです。
また能力には問題がなくても相性が悪いということもあり得ます。例えば節税したいと思っているのに税理士は節税は良くないと考えていたらうまくいきませんよね。
このように税理士と言えども様々な人がいることはおさえる必要があります。

信頼できる税理士に頼もう

最後に気を付けるべきことを確認しましょう。
まずは値段に囚われない事です。税理士の顧問料の相場は月3万円程度と言われています。一方で1万円程度の事務所もあり、この様な事務所がすべて悪いわけではありませんが外れの確率は高まりますし、先述の様にオプションでつり上げられる可能性もあります。
また、実際に面談するようにしましょう。その際、体面を気にせず、本音をさらけ出すことが重要になります。考え方が合わなければ有能な税理士さんでもあきらめた方が良いでしょう。
また意外と見落としがちなのが対応の速さと業界の知識ではないでしょうか。対応が遅いと税務調査など対応が遅れると命取りになりかねない場合に税理士を生かしきれません。業界の話は自分が説明するからいいと思われるかもしれませんが、完璧に説明し尽くすのは大変ですし、相手が理解できるとは限りません。
この様に信頼できる税理士を見つけることは非常に重要なのです。


さあ税理士に依頼!気を付けることは?

この記事をシェアする