税金に関する問題を解決するための情報サイト

>

会計のエキスパート公認会計士との使い分け

税理士と混同されやすい資格として公認会計士があります。
どちらも税務や会計などの仕事を担当しており、両方の資格を持っている人もいるためどうしても混乱しがちです。
まずそれぞれの専門を見てみましょう。
税理士の専門はずばり税務業務です。これは先で述べたとおりですので具体的内容はそちらをご覧ください。
一方、公認会計士の専門は監査業務です。監査業務というのは企業が作成した財務諸表が適正であるかを中立の立場からチェックする仕事です。
これを踏まえて個別の事例について少し見てみましょう。
まず節税の相談はもちろん税理士の仕事です。記帳代行についてはいずれの資格でも担う事ができますが消費税や法人税の問題が絡んでくるため税理士に依頼するほうが無難でしょう。
税理士は相談者の側に立って税務の依頼を引き受けるのに対し、公認会計士は中立の立場で監査業務を行うということを押さえておくと良いでしょう。

役所に相談するのはどうなの?

国税庁や市役所などの公的機関に相談するという方法もあります。
役所が対応してくれるの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、電話をするだけでかなり親切に対応してくれます。
公的機関に頼るメリットとしてはまず無料であることが挙げられるでしょう。税理士なども無料で相談に応じてることはありますが顧問契約が前提だったりします。
また匿名性が保たれることや悪徳業者の問題がないこともメリットでしょう。
一方デメリットとしては一般論しか教えてくれない事や節税のアドバイスはしてくれないことが挙げられるでしょう。特に後者については大きく、公的機関に頼る限りは安くはならないことは認識しておく必要があると言えます。
またやることを教えてはくれますが代行はしてくれません。
税金の支払いを安くしたい、業務を代行してほしいというときはやはり税理士に依頼するのが良いでしょう。


税理士以外に頼るのはどうなの?他業種と比べたときの特徴を説明

この記事をシェアする