税金に関する問題を解決するための情報サイト

>

税理士の資格ってどんなもの?

税理士の資格取得は非常に難関で公認会計士や司法書士と並び激難レベルに分類されるほどです。では具体的にどのように難しいのでしょう?
税理士になる方法の一つに税理士試験の合格というものがありますが、この試験自体が毎年1から2割程度しか合格しない難関試験になります。
さらに、この試験に合格したからといってすぐに税理士になれるわけではありません。
最低2年の実務経験が必要となります。ここでいう実務経験とは租税又は会計の業務の事を指します。
そのほかにも弁護士や公認会計士の資格を持っていれば税理士になることができますが、これらの資格の取得もかなり困難ですので、税理士になるのはかなり難しい事だと考えられるでしょう。

税理士は何をしてくれるの?

税理士の仕事を大まかに分類した時、まず税務代理や書類作成という仕事があります。
税務代理においては確定申告や青色申告(確定申告の一種で特定の条件を満たしている場合控除などの特典を受けられる制度)、税務調査の立会、税務署への不服申し立てなどをしてくれます。書類作成は確定申告などの書類について作成してくれる業務です。
確定申告などにおいてはある程度の簿記の知識や法律の知識が求められる場合があるため税理士に頼ることは非常に有用であるという事ができるでしょう。
また税務相談も税理士の非常に重要な仕事です。
もちろん法律を犯す行為はできませんが、税理士に資産運用の相談などをすることで、節税したり、今まで何気なく払っていた税金を理解することができたりするなど様々なメリットがあります。


税金の相談をしたいというときのお役立ち情報

この記事をシェアする